次回開催は10/20-21!1泊2日で0からフリーライターになれる講座
ライターの戦略

webライターは稼げる!独立3か月目の月収と、達成した方法を公開します

初めまして!

フリーライターの白坂優(しらさかゆう)です。

フリーライターを始めて3か月で30万円を稼ぐことができました。

 

「初心者がどうやって?」「ライターって本当にそんな稼げるの?」

今回は、そんな疑問にお答えします。

これまでのライター歴3か月間の「収入の推移」と、「30万円を稼ぐためにしたこと」もお話します。

合わせて参考にして頂ければ幸いです。

ライター歴3か月目の月収は【30万円】でした。

まず始めにお伝えしておくと、1カ月目、2カ月目の収入は、本当に低かったです。

ここまでに、色々と考え、試行錯誤した結果の数字です。

なので、簡単に稼げるというわけではありません。

ですが、やろうと決めてきちんと取り組めば、初心者でも稼ぐことができると思います。

30万円までの1ヶ月目

1カ月目から、順を追って説明しようと思います。

早速ですが、1カ月目の収入は「約6万円でした。

後ほど話しますが、今回の挑戦は一人の力では、挑戦することもできませんでした。

この時の主なクライアントさんは、「ランサーズ」と「クラウドワークス」のみです。

ですが、先輩からのアドバイスもあり、直接メディアに営業をかけるようになります。

ライターを募集しているメディアに、それはもう片っ端から営業メールを送りました。

一番多い日は、80件以上送ったこともありましたね。

まとめると、1か月目は案件獲得に注力した月でした。

当時の文字単価は平均すると1円。

1カ月目の成果

・収入:6万円
・平均文字単価:1円
・クライアントさん:ランサーズ/クラウドワークスのみ
※案件の獲得に集中した

2ヶ月目

2カ月目の収入は少し増えて10万円でした。

当時は、1カ月目の提案が功を奏して、メディアからもお仕事を頂けるようになってきました。

ランサーズなどに比べ、メディアさんが文字単価の良い仕事も多い印象です。

ですが、この時点では目標とする50万円分の仕事が抱えきれていませんでした。

そのため、2か月目も大半を営業に注力することになります。

この頃から、文字単価の交渉なども行うようになり、1円だったものを2円に引き上げることにも成功しました。

来月からは執筆に専念できるようにしようと、執筆に集中できる環境を整える月でした。

2カ月目の成果

収入:10万円
平均文字単価:1.3円
クライアントさん:ランサーズ/クラウドワークス/メディア
※単価交渉・案件獲得に集中。来月の執筆環境を整えられるように意識した。

そして、3か月目

1カ月目と2か月目を、営業に使ったおかげで、35万円分近くの仕事を頂くことができていました。

そして、ここから怒涛の執筆ラッシュが始まります。

この頃は、「ランサーズ」「クラウドワークス」の案件はほとんど残っていませんでした。

主に、メディアさんや企業さんと直接契約を結ぶなどして、お仕事を頂いています。

また直接契約すると、ランサーズなどの仲介業者がいないので、手数料がかかりません。

そのため、少しですが、多くの報酬を貰うことができました。

そして、直接契約が増えたことで、文字単価の平均は2円に。

3カ月目は、
「執筆に注力したこと」
「文字単価を2円にできたこと」

これが30万円を稼ぐことができた、大きな理由だと思っています。

3か月目の成果

収入:30万円
平均文字単価:2円
クライアントさん:ランサーズ/クラウドワークス/メディア/知人からの紹介
※2カ月かけて案件を貯めた。執筆だけに集中できる環境で作業!作業!作業!

6万円から一か月で30万円にするために行ったことを5つ全て伝えます。

ここからはさらに詳しく、具体的にどんなことをしてきたのかお話します。

1,仕事をするための環境を変えた

僕は、フリーランスとして生計を立てたいと、強く思っていました。

その時に、今もお世話になっている先輩に、「仕事に集中できる環境を選べ」と教わったんです。

僕は、その先輩のことを信頼していたので、アドバイスを鵜呑みにすると決めていました。

 

そのため先輩の誘いもあり、東京や地元に比べて誘惑の少ない、田舎の山奥に移住しました。

やることは仕事しかない。

そんな環境にあえて身を縛ることにしたんです。

当時、僕はフリーランスとしても、ライターとしてもスキルはゼロ。

 

本当に成功したいなら、それくらいの行動力と覚悟は必要な気がしたんです。

 

人は意思の弱い生き物です。

自分自身で制御できないなら、制御すらしなくていい環境に身を置こう。

人はずっと頑張り続けることはできません。
「いつまでに」「何をする」を決めて、集中できる環境で一気に頑張る。
僕はこれ、おススメです。

 

2,「達成したい目標」と「そのために必要なこと」をまず把握した

今日にいたるまで、何となく取り組んできたわけではありません。

「目標を立てて」「何をすべきかを明確にして」取り組んできました。

その流れを簡単に、お話します。

 

まず、「達成したい具体的な目標」を決めます。

僕で言えば「3か月以内に月収50万円を目指す」。

 

そして次に、どうしたら達成できるのか「達成するための具体的な方法」を考えます。

例えば、文字単価は2円にすること。

1時間に3,000文字の速度で執筆できるようになること。

などなど、作業時間なども含めて、計算して考えていきます。

 

ここできちんと、すべきことを把握しないと、頑張り続けることができません。

途中で何をすればいいか、分からなくなってしまうからです。

そうなると、モチベーションも下がってしまいますし、時間ももったいないですよね。

だからこそ、「目標」と「達成するための手段」は、きちんと明確にしておきましょう。

正しい目標の立て方

1:なぜ目標を達成したいのかという「目的」理想の姿を決める
2:「目的」を達成するための手段「目標」を考える
3:「目標」を達成するための行動を具体的に考える
4:あとは、諦めずに行動し続ける!それだけ!

 

3,自分が「サボれない仕組み」と「仲間」を作った

先の話にも繋がりますが、人は意思が弱いです。

自分だけの力で頑張り続けることのできる人は、そう多くはいません。

少なくとも、僕はそれができない人間です。

なので、「どうしたら途中で諦めないでいられるのか」を考えました。

 

そこで、僕が取った行動は大きく2つです。

1つ目は、「本気の目標達成会議」というグループを作りました。

SNS上で3か月間で、本気で何かを達成したい人を募ったんです。

すると全員で7人が集まりました。

 

つまり、一緒に頑張ってくれる仲間を作ったんです。

週に一度、みんなでMTGをし、お互いの改善点を話し合っています。

人数は減りましたが、もし1人だったら僕もここまで続けることはできなかったです。

 

そして、2つ目は「Twitterで公言」をしました。

多くの人に、目標を発信して、辞められないようにしたんです。

「なんだ、あいつ辞めたのか」と思われたくない自分の気持ちを利用したんです。

あえて宣言することで、周囲からのプレッシャーをわざと感じるようにしました。

 

その他にも先輩のアドバイスで、達成できなかった時のペナルティも付けました。

僕のペナルティは、「移住したばかりの田舎を離れること」

まだ田舎に移住して、4か月です。

ちなみに、住民票まで移した、ガチ移住です。

 

「今、白坂が一番いやなことはなんだ?」と聞かれ、「ここを追い出されることですかね…
と答えてしまっていました。

この時に「生のニンジンを食べること」とかにしとけばよかったです。

 

念のため伝えますが、この方法が万人に合うとは思っていません。

ですが、僕はプレッシャーを感じ、追い込まれることで頑張ることができているのも事実なんです。

人は意思が弱い生き物です。
何かをし続けることは、簡単なことではありません。
だから、「自分がどうしたら続けれるか」は、達成するための重要なポイントです。

4,信頼できる人を見つけて、その人のアドバイスは鵜呑みにすると決めた

もしあなたがライティング初心者であったり、大きな目標に挑戦したりするのなら、信頼できるアドバイザーを見つけてください。

あなたが迷った時、道を示してくれる人を探してください。

僕は有難いことに、そんな方に出会うことができました。

 

そして、その人がこうするべきだという、アドバイスをくれた際は、すぐに実行してください。

そこで、自分はこう思うなどと、ためらっては時間がもったいないです。

まずはやってみてください。

 

初心者や未経験者だけの力や知識なんて、たかが知れています。

目標達成のためにも、アドバイスをくれる存在や環境は意識しましょう。

5,人と比べずに、自分とだけ戦い続ける

目標を達成するために、本当に一番大事なことは、スキルうんぬんではありません。

達成するまで折れないことです。

そのためには、人や周りと必要以上に比べないこと。

常に昨日の自分を超えていくために、頑張り続けることが必要だと思います。

 

ですが、人はずっと頑張り続けることはできません。

だから、目標をたて、期間を決める。

折れないように仲間をつくり、信頼できる先生を探す。

そして、どうしたら達成できるのか、自分に問い続けて次の一手を考えるんです。

 

人と比べているときは、僕の経験上、自分のやるべきことが見えていないことが多いです。

人と比べてしまって苦しい時はあります。
そんな時は、「目標のために自分は何をすべきか」が見えていない時です。
人と比べている時は、自分を見つめなおす良いきっかけですよ!

 

 

さいごに

改めて言いますが、僕にとって30万円がゴールではありません。

まだまだ、途中なんです。

ですが、これらを意識してきた結果として、3か月時点で30万円稼ぐことができたのも事実です。

 

これからも理想を叶えるべく、努力の日々はしばらく続きますが、頑張っていきます。

ライター:白坂優(しらさかゆう)