次回開催は多分9/1,2!1泊2日で0からフリーライターになれる講座
STEP2:提案編

【クラウドソーシング】提案文の作り方講座1:目的の理解を示す

タスクではなく、単価や条件の良いプロジェクト案件に提案したい。
でも、提案文ってどう作っていいか悩みますよね。

そこでこのシリーズでは、「採用率を劇的に高めるための提案文の作成方法」の考え方をお伝えします。

・理解(リカイ):メディアのゴール確認
        ↑今回はここ
・有用(ユウヨウ):メディアのゴール達成に自分がどう役立つか
・根拠(コンキョ):メディアのゴール達成に自分が何で役立つと言えるのか

提案には「型」的な部分があり、その部分を簡単にご紹介するので、「クラウドソーシングなんか使わない」という人も見てみてください。

営業的なことをする人全員に大事な内容です。

まず、提案文を作成するにあたって重要なのは「リユコ」です。

こんな感じでツイッターでは紹介していました。

では、この「リユコ」の「リ」について、事例とともに詳しく紹介していきます。

と、その前に。
事例があったほうがわかりやすいと思うので、仮の依頼文を設定します。

・依頼元:オリジナルの腰痛対策マットレス屋さんの自社メディア
・依頼  :「腰痛対策 マットレス ランキング」で記事作成して欲しい

・理解(リカイ):メディアのゴール確認

まず真っ先に必要なのは「メディアへの理解」です。

当たり前ですが、提案先のメディアには「何かしら達成したい目的」があリます。

それが
・多くの人に知られることなのか
・何かを売ることのか
・サービスの申し込みなのか

これをまず、「推測」して伝えるのが大事。

何故かというと、「目的」を共有すると、ただ言うことを聞くだけの外注さんではなく、「パートナー」になれるから。
目的さえ共有していれば、こちらから様々な提案ができます。

ではどんな感じで理解をしていくのか。
例を挙げていきます。(佐々木の過去の実例に基づいてます。もちろん全く同じじゃないけど。)

例:腰痛対策マットレス屋さんへの理解

今回の事例を改めて確認してます。

・依頼元:オリジナルの腰痛対策マットレス屋さんの自社メディア
・依頼  :「腰痛対策 マットレス ランキング」で記事作成して欲しい

ということでした。

この場合には、わざわざ自社メディアを作っているので、「記事を通して自社のマットレスを売りたい」という可能性が高そうですよね。

であれば、まず行うべきは「御社の目的は【記事を通して自社のマットレスを売りたい】ということでいいですか?」という確認です。

ただ、提案文の時点では確認の返事待ちはしていられない・・・!
そこで、一旦その推測であっているという前提のもと、提案文を進めます。

ここでさらに提案採用率を高めるためには、「どうやったら今回の記事でその目的が達成できるか。それを自分はどうやって記事に書くのか。」を添えます。

メディアの目的を早めに書く、もう1つのメリット

早い段階でメディアの目的を書くことのメリットはもう1つあります。

それは最初の方にメディアの目的書くのは、「使い回しの提案文で無い」と伝える効果がある
つまり。採用率が上がるということ。

実は意外とランサーズでは使い回しの提案文が多いです。

皆つかいすぎ

大量に応募するためには必要なのはわかる。

わかるんです。



わかるんだけど、

だから稼げないんだぞ




どういうことか。

発注者は日々数十件の提案文をみています。すると、使い回しの提案文だと、発注者からするとすぐわかっちゃうんです。
で、だんだん使い回しの提案文を読んでも無駄だと感じ始めます。

すると、だんだんと提案文の最初の方だけを読んで、「使い回しっぽい」を判断した時点で捨てる。

こんなことがあります。

つまり「焦って雑に大量に応募しようとした挙句、時間の無駄」が発生してるのです

しかも、そもそも「大量に応募」というのは、戦術として☓

ゴウ・ライティングでは基本的に「高単価戦略」をとっていきます。
これについては別の記事でご紹介します。

まとめ

今回の内容をまとめます

まとめ

提案文において「メディアの目的」を先にしっかり伝えるの大事

何故なら
・パートナーになれる
・使い回しと思われない
=採用率が高まるから

さて、次は
・理解(リカイ):メディアのゴール確認
・有用(ユウヨウ):メディアのゴール達成に自分がどう役立つか
・根拠(コンキョ):メディアのゴール達成に自分が何で役立つと言えるのか
です!

こちらからどうぞ

ちなみに、記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいてます。

https://twitter.com/goh_ssk/status/971967201811943424

▼ライター向けに役立つweb文章術を呟きます▼
佐々木ゴウのTwitter
(ここをタップ/クリック)